ポータブル電源は電気が使えない非常時に役立つ

ポータブル電源は電気が使えない非常時に役立つ

日本は地震、台風、大雪などのリスクが高いため災害大国と言われます。そのため、日頃からの備えが欠かせません。そこで近年注目されているのがポータブル電源です。このアイテムを用意しておけば災害時も電化製品が使えるのでとても便利です。災害用の備蓄としてモバイルバッテリーを準備している人は多いかもしれませんが、これだとスマートフォンくらいしか充電することが出来ません。ですが、ポータブル電源があればモバイルバッテリーよりもたくさんのアイテムが使えるので災害時も安全に過ごすことが出来ます。考えられる使用用途としては、照明器具や調理道具などがあり、暖房や扇風機なども稼働させることが出来ます。また、災害などの非常時は情報収集が重要ですが、大容量のポータブル電源ならスマートフォンが何回も充電できるので、周囲の人と電気を分け合えることもメリットです。非常時は誰でも不安ですが、スマートフォンでの正確な情報収集や安否確認ができれば落ち着いて過ごすことが出来るでしょう。

多機能なポータブル電源に備わる機能とは何か

ポータブル電源はコンセントが使えて充電も容易なのが特徴ですが、多機能な製品も増えていてどういった機能を備えるのか気になるのではないでしょうか。多機能なポータブル電源にはライトが内蔵されているのが当たり前で、最初から太陽光発電に対応するソーラーパネルを装備していたりします。また複数の形状のUSBポートを多数備えていたり、車でおなじみのシガーソケットも搭載していることが多いです。防水は当たり前でスマホにも対応していたり、アプリでバッテリーの残量や使用可能な残り推定時間が分かる製品もあります。災害時の使用を想定しているポータブル電源の中には、防災ラジオに対応するものも存在します。他にも防塵性能が高くて使用可能な環境が幅広かったり、耐衝撃性を備えていて万が一の落下、転倒に耐えられるポータブル電源もあります。このように、機能は沢山あって多岐にわたりますが、複数を備える製品であれば選ぶのに迷いにくく、使い勝手が良くていつでも活用できるのではないでしょうか。