様々な場面で活躍するポータブル電源は凄い!ポータブル電源の豆知識を紹介

このサイトではさまざまな場面で活躍しているポータブル電源の凄さや魅力を伝えるために豆知識を紹介しています。
キャンプを楽しむ方の間で屋外での電源としてや災害時に電気が使えなくなった時の備えとして購入したり、節約で電気代を抑えるために日常的に使用する方もいるようです。
まだ持っていない方に向けて、知っておきたい情報をお伝えします。

様々な場面で活躍するポータブル電源は凄い!ポータブル電源の豆知識を紹介

ポータブル電源はたくさんのメーカーからさまざまな種類のタイプが販売されています。
選ぶ際に色々と迷いますが、豆知識として出力ポートの種類はチェックポイントの一つです。
自分がどのような電化製品をつなぐのか、把握しておく必要があります。
USBはAポートがあれば十分なのか、ACポートは1口あれば足りるのか、シガーソケットやDCポートもあった方が良いのかなど使用シーンに合わせて選びます。
ポータブル電源を購入する際は、確認してみると良いでしょう。

車中泊に使える長持ちするポータブル電源

近年は車でキャンプをする車中泊に注目が集まっていますが、ポータブル電源があれば長持ちして頼りになるのではないでしょうか。
車にはバッテリーが搭載されていますが、元々は始動や電装系に使われるもので、スマホの充電などの用途は副次的なものです。
電流量の多い家電には不向きですし、使えるにしても容量的に長時間の使用は不可能となります。
その点、ポータブル電源は家電の使用を想定して設計されているので、容量が大きくて電流量が多くても使えることが多いです。
夏の車中泊は暑さとの闘いになりがちですが、車載のエアコンだけで蒸し暑い夜を乗り越えるのは難しいです。
そもそも、ドアや窓を締め切らないと十分に冷えないので、開放感が削がれてしまうのが難点です。
一方、消費電力が大きい冷房にも対応するポータブル電源は、ドアや窓を開けた状態でも冷える冷房器具が使えます。
大容量ポータブル電源なら時間も気にせずに活用できますから、快適な夜を楽しみたいなら前向きに導入を検討してみるのが良いのではないでしょうか。

電気がないキャンプ場で活躍するポータブル電源

近年は初心者に対応する電気が使えるキャンプ場も増えていますが、使えない場所ではポータブル電源が活躍するのではないでしょうか。
ポータブル電源は文字通り持ち運べる電源で、手頃なサイズで女性でも楽に持ち運べる重さの製品もあります。
コンセントがついているので、家庭用の家電がそのまま使えますし、ACアダプターで動作する家電にも対応します。
USB充電器で充電するスマホであれば、ケーブル1本でポータブル電源から直接充電できます。
キャンプ場は自然環境の中にあることが多いので、夜に照明がないと急に暗くなって心細くなります。
しかし、ポータブル電源1つと照明器具で簡単に不安が解消しますから、非常に優れもので頼りになる存在です。
人気が高くて進化し続けている分野ですから、価格の低下が進んでいて以前よりも買いやすくなっています。
コンパクトサイズの小容量でも十分に実用的に使えるので、興味を持ったらキャンプ用品を買うつもりで、購入を検討してみるのが良いのではないでしょうか。

ポータブル電源があれば外でも自宅と同じように過ごせる

ポータブル電源が手元にあれば、極端にいうと外でも自宅と同様に過ごせるのではないでしょうか。
ポータブル電源はコンセントを備えているので、100Vに対応する家電を使用することができます。
勿論、持ち運び可能で防水や防塵タイプなら屋外でも使用できますから、家電を外に持ち出せるので、例えばテントの中で家電を使うといったことが可能になります。
またコンセントがなければ充電できない機器も、ポータブル電源1つで充電が実現しますし、しかも複数台を同時に充電するのも容易です。
常にスマホがなければ生きていけない、そういう人もポータブル電源があれば場所を選ばずどこでも生きていけるはずです。
いちいち充電に対応する場所を探さずに済むので、不安とは無縁ですし得られる快適性が違います。
容量にもよりますが、テレビやプレイヤーにパソコン、ディスプレイも外で使えるので、自宅と比べて遜色のない環境を屋外に作ることも不可能ではなく夢ではないといえるのではないでしょうか。

ポータブル電源だけで生活することは可能

極端なことをいえば、電力に関してはポータブル電源だけでも十分に生活することが可能なのではないでしょうか。
勿論、充電ができることが大前提となりますが、太陽光発電に対応するポータブル電源であれば、コンセントがなくても充電できます。
ポータブル電源は照明器具に冷暖房器具、調理器具にも対応しますし、当然のことながらスマホや携帯ゲーム機の充電もお手の物です。
つまり最低限の生活だけでなく、娯楽もカバーするのがポータブル電源ですから、かなり余裕を持って使えることが分かります。
例えば家の敷地内にテントを張って一晩アウトドア気分を味わったり、災害で停電が発生しても一晩くらい乗り切ることができるだけの電力を有するわけです。
一度に複数人分の家電を賄うのは困難ですが、1台で1人分であれば問題がないと思われます。
長期にわたる停電に備えるというのでなければ、中規模1台でも1人分は何とかなりますし、実際に検証してみる価値はあるといえるのではないでしょうか。